Olaus Magnus and the Epistemologies of The Renaissance

1539年、カトリックのスウェーデンの司祭Olaus Magnusはスカンジナビア、バルト地域、北海の大きな地図を出版した。 彼のカルタ-マリーナはヴェネツィアで出版され、オラウスは30年以上の亡命の重要な部分を過ごした:彼は教皇に使節として来ていたが、最終的には座礁し、彼の不在の間にルター派になっていたスウェーデンに戻ることができなかった。 地図は、その地理的正確さと歴史、政治、人類学、自然史に関する豊富な情報で前例のないものでした。 それはまた、宗教的混乱の中で北欧のイメージを提示しました:地図の豊かなイメージは、ルター派とカトリックの間の戦いの声明と啓示のセットでした。 北は西のキリスト教内の争いへの類推として解釈することができます。

オラウスはまた、地図に相当な付随するテキストを提供したいと考えていました。 それが判明したように、これは1555年にのみ出版された22冊の本の巨大な作品である北部の人々の歴史になりました。 現時点では、ヨーロッパの宗教的分裂は既成事実であり、地図の認識論的基盤はもはや有効ではなかった。 その結果、この本は北の知識の構造化原則を再交渉しなければならなかった。 この研究プロジェクトの目的は、ルネサンスの変化する認識論の例として、そして事実の歴史の中での出来事として、地図とテキストとの動的な関係 この資料はまた、自然の要素が異なる認識論的および宗教的政治的設定の間をどのように移動するかを示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。