簡単なステップ:オフラインドメイン結合を使用する方法(djoin.exe)をActive Directory内に配置します。

X

プライバシー&クッキー

このサイトはクッキーを使用しています。 継続することにより、あなたはそれらの使用に同意します。 Cookieの制御方法など、詳細についてはこちらをご覧ください。

それを得た!

提供情報

オフラインドメイン参加は、Windows7またはWindows Server2008R2を実行しているコンピューターが、ドメインコントローラーに接続せずにドメインに参加す

Windows Server2008R2/Server2012R2およびWindows7/8にはDjoinという新しいツールが含まれています。exe”を起動します。

このツールを使用すると、ネットワークに接続せずにクライアントをドメインに参加させることができます。

クライアントコンピューターがドメインコントローラーにアクセスできない場合に、ドメインに参加させることができる状況はいくつかあります。たとえば、新しいブランチオフィスを作成していて、その場所にサーバーがまだ機能していないが、クライアントの展開を開始したい場合などです。1-Windowsサーバーで、CMDを開き、次のように入力します。

djoin/provision/domain”osi”/machine”OSI-CL06″/savefile win7blob。txt

**osi=あなたのドメイン名

**OSI-CL06=PCクライアント

**djoin/provisionコマンドが正常に完了すると、ADのComputersコンテナに新しいクライアントPCアカウントが表示されます。

1

2 – 次の場所にあるドメイン管理者プロファイルフォルダを参照しますC:\Users フォルダ、およびWin7Blobを探します。txtファイル…

Win7Blobを転送します。osi-CL06顧客のPCへのtxtファイル…

2

3 – osi-CL06PCで、まだworkgroupにあることを確認します。

Win7Blobを貼り付けます。以前にサーバー(任意のドメインメンバー PC)からローカル管理者プロファイルにコピーしたtxt(このデモでは、Windows7のSystem32フォルダーにコピーします(ベストプラクティス)…

3

4 – クライアントPCで、cmdを開き、djoin/requestODJ/loadfile win7blobと入力します。txt/windowspath%systemroot%/localos…を実行し、PCを再起動します…

4

5 – クライアントPCを再起動したら、システムプロパティを開き、クライアントPCがドメインのメンバーになったことを確認します…

5

*** ご注意ください : DCへの接続がある場合にのみ、ドメインアカウントで初めてログオンすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。