前立腺癌の診断と管理のためのPCA3テストは、患者の健康転帰を改善しますか?

男性におけるPCA3検査は、前立腺癌に対する以前の生検陰性患者の再生検をいつ行うか、またはリスクのある男性における前立腺癌の初期生検を行 前立腺特異的抗原検査または疑わしい直腸指診)、および癌陽性生検を有する男性において、臨床転帰を改善する最適な治療計画を開発するために、 EWGは、この可能性を支持する直接的な証拠を発見しなかったので、このレビューは、PCA3検査が前立腺癌のために以前に生検陰性の患者を再生検する際に決定を変更する程度を文書化することを目的とした間接的な証拠を求めた。 前立腺特異的抗原検査または疑わしい直腸指診);または癌陽性生検を有する男性において、最適な治療計画を策定するために疾患が無痛または攻撃的であるかどうかを決定する。

: Genomic Applications in Practice And Preventionワーキンググループの評価では、前立腺がん抗原3検査を推奨するエビデンスが不十分であり、前立腺がんの以前に生検陰性の患者をいつ再生検するかの決定を通知したり、リスクのある男性の前立腺がんの初期生検を行う決定を通知したりすることができました(例えば、以前の前立腺特異的抗原検査または疑わしい直腸指診)。 実際および予防ワーキンググループにおけるゲノム適用の評価では、がん陽性生検を有する男性における前立腺がん抗原3検査を推奨するエビデンスが不十分であり、最適な治療計画を策定するために疾患が怠惰であるか積極的であるかを判断する。

入手可能なエビデンスに基づいて、前立腺癌抗原3を用いて前立腺癌の診断を予測する臨床的妥当性の全体的な確実性は”低い”とみなされる。”実践および予防ワーキンググループにおけるゲノム応用の評価は、さらなる証拠が臨床的妥当性の改善を支持しない限り、診断のための臨床的使用を落胆させる。

入手可能なエビデンスに基づいて、正味の健康上の利益の全体的な確実性は”低い”とみなされます。”実践および予防ワーキンググループにおけるゲノム応用の評価は、さらなる証拠が改善された臨床転帰を支持しない限り、臨床使用を落胆させる。

EGAPP RecommendationExternal(September2013)

要約記事:保留中

証拠報告書: 前立腺がんの診断と管理のためのPCA3テスト(April2013),Blue Cross Blue Shield Technical Evidence Center,AHRQ Evidence-based Practice Center

CDC EGAPP勧告の概要:保留中

主要な質問:

  • 質問1: 最初の前立腺生検の候補者であるpsa上昇および/または異常直腸指診の患者では、前立腺癌の診断精度(臨床的妥当性)、中間転帰(生検に関する意思決定の改善など)、死亡率/罹患率、生活の質、潜在的な害を含む長期的な健康転帰(臨床的有用性)を含む標準検査の代替または補足としてのPCA3検査の比較有効性は何ですか?
  • 問2: 再発前立腺生検の候補者であるPSA上昇および/または異常直腸指診の患者では、前立腺がんの診断精度(臨床的妥当性)、中間転帰(生検に関する意思決定の改善など)、死亡率/罹患率、生活の質、および潜在的な害を含む長期的な健康転帰(臨床的有用性)を含む標準検査の代替または補足としてのPCA3検査の比較有効性は何ですか?
  • 問3: 前立腺がんの生検が陽性の患者で、重要でない/怠惰な疾患と積極的な疾患を区別するために評価されている場合、PCA3検査のみを使用するか、標準的な予後検査(腫瘍体積、グリーソンスコア、臨床病期分類など)またはモニタリング検査(PSA、PSA速度など)と組み合わせて、積極的な(高リスク)前立腺がんの診断精度(臨床的妥当性)に関して、中間転帰(例えば、腫瘍体積、グリーソンスコア、臨床病期分類)を使用することの有効性は何であるか。、積極的なサーベイランスおよび/または積極的な治療のための予後およびトリアージに関する意思決定の改善)、および死亡率/罹患率、生活の質、および潜在的な害を含む長期的な健康アウトカム(臨床的有用性)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。