スカイ-ハイ、元UMMCエカテリンブルク監督のオラフ-ランゲをアシスタントコーチに起用

スカイ-ハイは、オラフ-ランゲを2020年シーズンのジェームズ-ウェイドのスタッフに加えた最新のスタッフに起用したと発表した。

ランゲは、9月にオハイオ州の女子バスケットボールスタッフに加わった元アシスタントコーチのカーラ・モローに代わります。

ランゲは25年のプロコーチ経験を2015年以来のベストシーズンからオフに来ている空にもたらします。 現在は2020年東京オリンピック出場を目指しているオーストラリアのオパールのアシスタントコーチを務めている。

オーストラリアの代表チームで働く前、ランゲはUMMCエカテリンブルクのヘッドコーチを務め、ウェイドと一緒に一シーズン働いた。 UMMCでの6年間の任期の間、ランゲはロシアの強豪を2つのFIBAユーロリーグのタイトルに導いた。

ランゲはまた、いくつかのWNBAの経験を誇っています。 彼はサンアントニオ-スターズのアシスタントコーチを務め、2008年のWNBAファイナルに貢献した。 2010年、当時の監督であったサンディ-ブロンデロの下でアソシエイト-ヘッドコーチに昇格し、2005年に結婚した。 彼はまた、マーキュリーとスパークスのコンサルタントとして時間を費やしています。

“シカゴ-スカイの一員となり、ジェームズ-ウェイドと彼のコーチングスタッフと一緒に働く機会を得たことに興奮し、光栄に思っている”とランゲは声明の中で語った。 “それは空に参加するエキサイティングな時間です。 どのような方法でもチームが目標を達成するのを助けることを楽しみにしています。”

ウェイドのスタッフは現在、ランゲ、アシスタントコーチBridget Petti、選手開発コーチEmre Vatanseverで構成されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。